「成木の家」活動について
【トピックス】(2021.10.15)

これまで「成木の家」の屋内を中心に使って、週末カフェ活動・サイクルステーション活動・トレランステーション活動等々を 行ってきました。

しかし、昨年からのコロナ禍による世の流れに順応して、屋外スペースにガーデンテーブルを設置したり、 裏手を流れる清流成木川を整備し、水と遊べる河原スペースを充実させたりしました。

最近では利用者の多くが屋内よりも屋外を 利用するようになりました。その結果を受け、成木の家+屋外スペース+河原スペースを総称して、「成木ガーデン」と名称を変更致します。

【基本情報】

KFCトライアスロンクラブのヘッドクォーター(本部)として運営しています。また、毎週末(土・日)はサイクル兼トレランステーションとして オープンしています。入場料は200円(一人に付き)です。但し、雨天はクローズします。

・屋外テーブルや河原スペースは、サイクリスト、トレイルランナー、さらに、地域の子供達のために 我々が年間通して整備しているものです。

・挽き立てコーヒー、冷たい飲み物(コーラ等々)、カップラーメン、菓子等々をご用意(無料)しています。また、 貴重品以外の荷物預かりは可です。

・年間通して、自転車のヒルクライムコースである常盤林道を、過去15年間に亘り、日常的に清掃を続けています。 今では東京都で最もきれいな林道と言われています。

・毎週木曜日は「ワ―ケーション」と称して、終日、諸々のメンテナンスや草刈りや川掃除等々、常に付加価値を上げることを心掛けています。

・自転車に関する空気入れ等々の修理道具を完備しています。

・ケガ人に対応する救急医療キットやAEDを完備しています。

・敷地内にあるセンスの良い金属製の看板やバイクラックはKFCファミリーの一人である鍛鉄工芸家 【西田光男】さんの作品です。

・年間運営資金(約200万円)は「TOKYO成木の森トレラン大会」から捻出しています。元々、「TOKYO成木の森トレラン大会」は「成木ガーデン」活動の 年間経費を捻出するために、建設(2011年1月)直後、2011年5月に立ち上げた大会です。

・解放期間:4月〜11月(寒い冬場の4ヶ月間を除く)

・設立年月日:2010年1月

・所在地:東京都青梅市成木7-1215

【設立目的】

成木7丁目に対する地域貢献と地域活性化、それにイメージアップです。「成木の家」活動を始めて、 過去10年間で確実に成果が出ていると感じています。2021年から「屋外スペース」と「河原スペース」を加えることで 「成木ガーデン」活動となります。

【イベント情報】

・毎年5月には、「成木ガーデン」をベースとして、「TOKYO成木の森トレイルラン大会」 を開催しています。

・常に成木の森を楽しめるように「成木ガーデン」を中心に高水山、岩茸石山、黒山、棒の嶺等々へのハイキングコース拡大図を 建物壁面に掲示しています。

・毎週月曜日は「アスロンコーヒー焙煎所」の移動販売車がやってきます。

・毎週火曜日は「青梅幼稚園」に開放しています。

【週末cafe"成木ガーデン"活動】

毎週末、「週末cafe"成木ガーデン"」活動として、デロンギ製の本格的なコーヒーマシンを導入し、週末(土・日)に限り、挽き立てコーヒーを提供(無料) しています。コーヒー豆はアスロンコーヒー焙煎所から仕入れています。

「週末cafe"成木ガーデン"」の紹介動画は【こちら】

【「山好き、集まれ!」活動】

毎週水曜日は「山好き、集まれ!」活動を実践しています。内容は、普段から山に馴染みのない都心の人を対象に「成木ガーデン」から 表参道を歩いて高水山常福院までの往復4qの登山ハイキング体験です。募集定員4名。

雑草の中に久しく眠っていたかつての炭焼き窯を掘り起こし、ピザ窯として新たに復活させ、 下山後に参加者に焼き立てピザをサービスしています。

詳細情報は【こちら】
参加申込は【こちら】

【アクセス情報】

(徒歩)トレイルランナーにとっては、JR青梅線軍畑駅からのアクセスが便利です。距離は都道(歩道)を榎峠経由で約5kmです。

(車)駐車場はご用意できます。(一日500円)

(バス)都バスが一日に午前中2本と午後に2本の計4本運行されています。ベストの方法は「JR東青梅駅⇔上成木バス停」と思います。 注意点は「平日」「土曜日」「休日」で多少の出発時間の違いがあります。詳細は以下をご覧ください。

都バスの情報は【こちら】
NAVITIMEの情報は【こちら】

【お問合せ先】

info@kfctriathlon.com

090-6932-7659
(KFCトライアスロンクラブ:大西)