イベント情報
<綺麗な葉山の海で遊ぼう>
第5回葉山オープンウォータースイム
5th Hayama Open Water Swim
山梨崇仁葉山町長から
このたびは第5回葉山オープンウォータースイムの開催、誠におめでとうございます。御用邸があり、別荘の町として古くから多くの先人が愛したこの葉山の大自然において、 その魅力を海からスポーツを通じて堪能していただけることに、本大会関係者、参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。大会の無事のご成功を心よりお祈り申し上げます。
[1] 日時
2017年07月02日(日)
[2] 開催地
神奈川県三浦郡葉山町
[3] 主催
葉山OWS実行委員会
[4] 後援
葉山町
[5] 協賛
葉山下山口町内会、葉山下山口漁業組合、神奈川県立葉山公園海水浴組合、葉山町下山口若葉子供会
[6] 協力
TST Hayama Beach House、BEACH HAYAMA OUTDOOR FITNESS CLUB、オーシャンアウトリガーカヌークラブ、日本機械工業(株)、 葉山サバニ倶楽部、レスキューチームペガサス、(株)スペースウッド
[7] 種目
1500m / 3000m /4500m
上記各部門にウェット有り・無しがあります。
[8] 参加費
8000円(1500m)ウェット有り・無し共に
9000円(3000m)ウェット有り・無し共に
10000円(4500m)ウェット有り・無し共に
[9] 募集開始
4月17日(月)
[10] 応募締切
5月25日(木)
[11] 募集定員
500名
[12] 参加賞
Tシャツ・スイムキャップ
[13] 参加条件
・マナーや大会ルールを遵守できる方

・16歳以上

・ウェットスーツ着用なし部門と着用ありの2カテゴリーをそれぞれに設けます。申し込み後の変更は不可です。これに同意される方。

・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。これに同意される方。

・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。

・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。

・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方。
[14] 途中関門
最初の1周回(1500m)を45分以内で通過できること
[15] 申込方法
@ウェブサイト「ルミナエントリー 」から申し込んで下さい。
LUMINAエントリーに関してのお問い合わせは03-5791-1171、または、 「問合せメール」までお願いします。(土日祝除く10:00-18:00)
Aウェブサイト「スポーツエントリー 」から申し込んで下さい。
但し、電話での問合せやエントリーに関しては 0570-550-846 (平日10:00〜17:30受付 土日祝、年末年始を除く)まで

[16] 申込・問合せ先
KFCトライアスロン事務局
[17] その他    
■過去大会の4.5km/ウェットなし部門で優勝された以下の方は、この大会が続く限り永久に参加費は免除致します。
 【優勝者(4.5km/ウェットなし)】
 第1回  鎌田慎平(東京)1:09:49
      加藤知子(東京)1:23:56

 第2回  越川進平(埼玉)0:47:54
      貴田裕美(群馬)0:44:20

 第3回  半田 虎生(埼玉)1:10:29
      貴田裕美(群馬)1:07:53

      【悪天候のため距離短縮】
 第4回  片岡 裕也(埼玉)0:14:45
      貴田裕美(群馬)0:15:13

■スケジュール
受付時間 06:30〜08:00
開会式&コース説明 08:00〜08:30
スタート 09:00
競技終了 11:00
表彰式 11:30

■競技会場は葉山公園(御用邸東隣)の前面の海(大浜ビーチ)です。普段は遊泳禁止地域です。
スイムコース図は【こちら】を参照下さい。

■葉山は潮の流れの関係で、透明度の高い綺麗な海です。穏やか、泳ぐには最適の海です。

■地理的な関係で正面に富士山が見え、ビーチから富士山に向かって泳ぎだすという珍しい格好になります。また、右手には江の島、左手には長者が埼が見えます。

■この海域が荒れた場合、代替の海域はありませんので、完全に中止になります。荒天中止の場合、参加費の返金はできません。ご了承の上、ご参加ください。

■レース後、皆さんのレース中の写真をKFCウェブサイトで閲覧&ダウンロード(無料)できるようにし ます。

●前回大会の模様はこちら

■大会についての最新情報は 「KFCトライアスロンクラブ通信」 に随時アップしています。

<南伊豆町が誇る風光明媚"弓ヶ浜">
第2回弓ヶ浜国際オープンウォータースイム
2nd Yumigahama International Open Water Swim
[1] 日時
2017年09月17日(日)
[2] 開催地
南伊豆町
[3] 大会会場
弓ヶ浜海水浴場
[4] 後援予定
南伊豆町
[5] 主催
弓ヶ浜国際OWS実行委員会
[6] 協力
レスキューチームペガサス
[7] 種目
1500m / 3000m /4500m
上記各部門にウェット有り・無しがあります。
[8] 参加費
8000円(1500m)ウェット有り・無し共に
9000円(3000m)ウェット有り・無し共に
10000円(4500m)ウェット有り・無し共に
[9] 募集開始
6月2日(金)
[10] 応募締切
8月15日(火)
[11] 募集定員
400名
[12] 参加賞
Tシャツ・スイムキャップ
[13] 参加条件
・マナーや大会ルールを遵守できる方

・16歳以上

・ウェットスーツ着用なし部門と着用ありの2カテゴリーをそれぞれに設けます。申し込み後の変更は不可です。これに同意される方。

・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。これに同意される方。

・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。

・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。

・台風などの気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方。
[14] 途中関門
最初の1周回(1500m)を45分以内で通過できること
[16] 申込方法 (6月2日からの開始です。)
@ウェブサイト「ルミナエントリー 」から申込みをお願いします。
LUMINAエントリーに関してのお問い合わせは03-5791-1171、または、 「問合せメール」までお願いします。(土日祝除く10:00-18:00)

Aウェブサイト「スポーツエントリー 」から申し込んで下さい。
但し、電話での問合せやエントリーに関しては 0570-550-846 (平日10:00〜17:30受付 土日祝、年末年始を除く)まで


[15] 申込・問合せ先
KFCトライアスロン事務局
[16] その他    
■本大会の4.5km/ウェットなし部門で優勝された以下の方は、この大会が続く限り永久に参加費は免除致します。

 【優勝者(4.5km/ウェットなし)】
 第1回  平井 康翔(東京)0:50:48
      貴田 裕美(群馬)0:52:04

■17日(日)スケジュール
受付時間 07:30〜09:30
競技説明 09:30〜10:00
スタート 10:30
競技終了 12:30
表彰式 13:00

■スイムコース図は【こちら】を参照下さい。

■宿泊に関しては南伊豆町観光協会 (電話0558-62-0141)へお問い合わせください。

■この海域が荒れた場合、代替の海域はありませんので、完全に中止になります。荒天中止の場合、参加費の返金はできません。ご了承の上、ご参加ください。

■レース後、皆さんのレース中の写真をKFCウェブサイトで閲覧&ダウンロード(無料)できるようにし ます。

●前回大会の模様はこちら

■大会についての最新情報は 「KFCトライアスロンクラブ通信」 に随時アップしています。

<南の島のOWS>
第11回パラオ・オープン・ウォーター・スイム
11th Palau Open Water Swim
[1] 日時
2017年12月02日(土)
[2] 開催地
パラオ共和国(パラオ・パシフィック・リゾート)
[3] 主催
パラオ・ナショナル・オリンピック委員会、KFCトライアスロンクラブ
[4] 後援
パラオ共和国政府、駐日パラオ大使館、パラオ政府観光局、パラオ・パシフィック・リゾート
[5] 種目
Aタイプ1.5km/ Bタイプ3.0km/ Cタイプ5.0km
[6] 募集開始
8月22日(火)
[7] 募集締切
10月25日(水)
PPRが満室になった時点で終了となりますので、早めにツアーを手続して下さい。
[8]募集定員
100名(但し、トライアスロンとスイムレースとサイクルレースの合計)
[9]参加費
12,000円(各タイプとも)
現地参加費と日本人参加費は同一額ではありません。日本の参加費に対して、現地選手の参加費は半分以下です。何故なら、 経済大国日本とは個々の収入に大きな格差があるからです。この事情を承知の上、ご参加ください
[10]参加条件
パラオ・パシフィック・リゾート(PPR)に泊まること。理由:このホテルの施設をお借りして開催するためです。

・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、不可とします。これに同意される方。

・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。

・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。

・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方。
[11] 参加申込方法
トライアスロン雑誌「LUMINA」の 大会エントリーサイト から申込んで下さい。

LUMINAエントリーに関してのお問い合わせは03-5791-1171、または、 「問合せメール」までお願いします。(土日祝除く10:00-18:00)
[12]安全安心のオフィシャルツアーに関して
・潟Oッドウィルツアー(担当 座間、武藤 tel:03-3816-1504/ メール:info@goodwilltour.com へお問い合わせください。

尚、宿泊ホテルはパラオで最高級リゾート「パラオ・パシフィック・リゾート(PPR)」です。
今年も、このホテルが大会会場となります。

・オフィシャルツアー以外の参加もOkです。但し、PPR泊のこと。
[13] 現地登録&競技説明
募集締め切り後の大会案内で通知予定
[14] アワードパーティ
1日(日)夕方にPPRプールサイドでサイクルイベントとの合同パーティを予定
[15] 問合せ
KFCトライアスロン事務局
[16] 島と大会の概要
■パラオ共和国とは
神戸市の南方約3,000kmに位置し、赤道近くの太平洋上に浮ぶ常夏の島嶼国です。 200以上の島々からなり、人が住んでいるのは僅か9島だけで残りは無人島のまま。 人口が集中し、経済の中心はコロール島。

今尚、手付かずの自然が多く残り、謎が多いミステリアス・アイランドとして世界にその名を知られています。 また、世界中のダイバーの憧れの島であり、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ等々から大勢のダイバーが訪れます。

1920〜1947年まで日本の統治下にありました。 それ故、親日派の人が多く、今でも年配の人は流暢な日本語を話すことができます。 人口約2万人、通貨はUSドル、公用語は英語とパラオ語(日本語もパラオ語として流通)、 日本との時差はない。治安は良い。

■日本人KFCスタッフがいますので、日本語OKです。

■レース後、皆さんのレース中の写真をKFCウェブサイトで閲覧&ダウンロード(無料)できるようにし ます。

■大会についての最新情報は 「KFCトライアスロンクラブ通信」 に随時アップしています。

・前回大会の模様はこちら
・パラオ島情報こちら

■パラオ情報「南の島パラオ紀行」はこちら